ステーキの店 ピーコック(都町/メニュー紹介)

ピーコックボンバーステークアップ1

都町の『ステーキの店 ピーコック』でランチです。

JR大分駅北口から、新川方面へまっすぐ進みます。大分県警前交差点をみずほ銀行側へ左折、次をまた左折するとあります。

お車のかたは、みずほ銀行大分支店の裏のコインパーキングに駐車すると近いです。

お店は2階にあります。少しカーブした急な階段を2階へ上がると入口が。

ピーコック入口

ドアベルのカランコロンという音とともに、なんとも雰囲気のある店内へ。壁にはたくさんのサイン色紙が飾られています。

14時ごろに訪れたので、お客さんは多くありませんでしたが通常12時過ぎには満席に近い状態で、客層は割と女性が多い印象です。この日も先客は女性のグループでした。

ピーコック店内1

メニューです。充実のステーキメニューに加え、とり天やコロッケの定食、はたまた「激辛地獄スープ」という謎のメニューまで幅広いです。

今日は「ボンバーステーキ」と「ボンバーグ」を注文。

ピーコックメニュー1

ピーコックメニュー2

テーブルには岩塩とデミグラスソース。

ピーコック店内3

来ました!肉!まな板での提供なので油ハネもなくてナイフで肉を切りやすいです。

ボンバーステーキ ¥1,600
ボンバーステーキ ¥1,600

厚切りのランプ肉のステーキです。焼き加減はミディアムレアでお願いしました。

ランプは部位の名前で、赤身の肉に適度な脂が刺したヘルシーなお肉。

ボンバーステーキ断面

肉質が柔らかく、こんなに厚いのにアッサリ切れます。ランプはステーキの王道サーロインの隣りの部位ということもあってで、脂は少ないものの肉の旨味が感じられてとっても美味しい。

もちろんステーキソースで食べても良いですが、個人的にはテーブルにある岩塩で食べるのがオススメ。

お肉食べてます!という実感が湧いて幸せです。もう100gはイケる。

ステーキ箸あげ

続いては「ボンバーグ」。

ボンバーグ ¥1,050
ボンバーグ ¥1,050

300gのジャンボハンバーグ。切ってみると中身がみっちり詰まってます。密度がすごい!

ボンバーグアップ

ボンバーグ断面

むっちむちのハンバーグはボリューム満点。しかし肉汁が溢れ出すような粗挽き肉ではないので、好みは分かれそうです。

個人的にはもう少しフワっとしたハンバーグが好みかな。

こちらもステーキソースより、テーブルのデミグラスソースがオススメ!

フライドオニオン美味しいです。

オニオンフライ

30年以上前に「ピーコック」という店名を引き継いで始めたステーキのお店だそうですが、いまではすっかり大分市の老舗ステーキ店ですね。ボンバーステーキは定期的に食べにきちゃうと思います。

たべよん、本日も美味しくいただきました。ごちそうさまです!

ピーコック外観

4+
店舗名ステーキの店 ピーコック
住所大分県大分市都町1丁目3-11 大塚ビル2F
営業時間11:00~14:20 17:00~21:30
定休日 日曜日
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。