モダン・チャイニーズレストラン オペラ – OPERA -(都町/メニュー紹介)

香港風唐揚げアップ

大分市都町の『モダン・チャイニーズレストラン オペラ – OPERA -』でランチです。

場所は国道197号沿いの「アートホテル大分」1F、日本政策金融公庫のとなりのホテルです。

旧アリストンホテル、その前はたしかワシントンホテルだったところ。

ホテルに入ってすぐ左手に入口があります。モノトーンを基調としたシックでモダンなたたずまい。

オペラ入口

ロゴマーク、丸の中にOPERAの文字がありそう・・・?。

OPERAロゴ

平日の昼はランチメニューがあります。

今回は単品メニューから「鶏モモ肉唐揚げ香港風スパイスパン粉」と「海南鶏飯」を注文。

余裕のあるかたは、セットメニューでホテルの食事感を満喫するのも良いかも。

オペラメニュー

すごく開放感のある店内。新型コロナの影響とお昼前だったこともありお客さんは少なめ。

奥には半個室もあります。

オペラ店内1

オペラ店内2

ホテルのランチって、今が狙い目かもしれませんね。

早速1品目の「海南鶏飯(かいなんけいはん)」が到着。シンガポールやマレーシアの庶民的な料理との事。

ちなみに正しくは「ハイナンジーファン」と読むようです。

MサイズとLサイズがありましたが、今回はMサイズを注文しました。

海南鶏飯(M) ¥780
海南鶏飯(M) ¥780

茹でた鶏肉とキュウリ、トマト、パクチー、ソースが3種類とスープがついてきます。

ソースは甘口醤油っぽいタレ・ショウガ・チリソース、ご飯には鶏の出汁っぽい味がついています。

スープ

食べ方を調べてみると、鶏肉にお好みのソースをつけながらご飯と一緒に食べるらしいのですが、どうもピンとこなかったので、とりあえず鶏肉ごと全部混ぜてみる事に。

美味しい。ショウガとチリソースの辛さに醤油の甘みが混ざり合って、なんだかスタミナつきそうです。パクチーがその中から主張してくるのも食べていて楽しいです。

海南鶏飯まぜまぜ

続いては「鶏モモ肉唐揚げ香港風スパイスパン粉」。

いかにも辛そうなパン粉がどっさりとかかっています。

鶏モモ肉唐揚げ 香港風スパイスパン粉 ¥880
鶏モモ肉唐揚げ 香港風スパイスパン粉 ¥880

下味のしっかり付いた鶏唐揚げ。1つがなかなかのボリュームで食べごたえがあります。

辛そうなスパイスパン粉も、旨味があり辛いのが苦手なかたでも美味しく食べられるのではないでしょうか?というか、このスパイスパン粉だけでご飯イケてしまいそうなほど。

唐揚げアップ2

3月にオープンしたこちらのお店、土日祝はビュッフェスタイルで営業しているみたいですので、ランチを目指すなら平日に。

また、6月よりテイクアウトとデリバリーのサービスも始めたようですので、お近くの方はぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

たべよん、本日も美味しくいただきました!ごちそうさまです。

OPERA外観

9+
店舗名モダン・チャイニーズレストラン オペラ - OPERA -
住所大分県大分市都町2丁目1-7 アートホテル大分 1F
営業時間ランチ11:30~14:30 (L.O. 14:00)  ティー14:30~18:00 (L.O. 17:30) ディナー18:00~23:00 (L.O. 22:30)
定休日:無し
公式サイトhttps://oita-opera.com/
Instagramhttps://www.instagram.com/modernchinese_opera/
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。