八條 ~大分中央町店~

ランチで鮮魚ならココ!

八條まぐろ中落ちアップ

セントポルタ中央町商店街の『八條 ~大分中央町店~』です。
場所は商店街の中ほど、ちょうどドトールコーヒーさんの斜め向かいあたりとなっています。居酒屋さんですが、お昼のランチ営業もやってます。

八條~中央町~メニュー

この日は、メニュー上段中央の「当店名物 大ネタ寿司並盛定食」を目当てに行ったんですが、残念ながら既に売り切れ!流石名物!人気の高さが伺えます。
そこで今回は「冠地どり飯とりゅうきゅう定食」と「まぐろ中落ち丼」にしました。メニューを見るとそのほかにも、「関アジと地魚五種盛り定食」や「子持ちカレイ姿煮定食」など海鮮を売りにした料理がたくさんあります。

冠地どりとりゅうきゅう定食 ¥700
冠地どり飯とりゅうきゅう定食 ¥700

めんたい

りゅうきゅうアップ地鶏飯

先にやってきたのは、「冠地どり飯とりゅうきゅう定食」です。鶏飯、りゅうきゅうと大分の郷土料理に何故か辛子明太という組み合わせ。
明太には白米のほうが合うような気がしますが、鶏飯も明太も大好きなので特に問題ないです。鶏飯と明太を海苔で巻いていただきます。さすが地鶏だけあって肉に適度な弾力があり、身が締まってるという感じ。たまに椎茸が入っている鶏飯を見かけますが、やはり大分の鶏飯といえば、鶏肉とごぼうのみ!味付けも濃くなくて食べやすいです。ただ、明太とは別々に食べたほうが美味しいと思います。
りゅうきゅうは量こそ少ないですが、新鮮な刺し身を使っていて十分満足できる一品だと思います。なにげに茶碗蒸しがついてくるのも嬉しいポイントです。

まぐろ中落ち丼 ¥700
まぐろ中落ち丼 ¥700

続いて到着のまぐろ中落ち丼は、まぐろが別に盛られて登場です!こういう演出はテンションが上りますよね。そしてボリュームも満点!中落ちは骨の周りの身をこそぎ落として食べるので鮮度も抜群です。こちらも茶碗蒸し付き。
ここ八條は、大分県を拠点とする居酒屋チェーンで、とり天はもちろん、りゅうきゅうや関アジなど新鮮な大分県の郷土料理がリーズナブルな価格で食べられます。大分駅からも近いし、アーケード内なので天候の良くない日でも安心ですね。またランチで郷土料理や大分の新鮮な地魚がいただけるので、出張などで県外から訪れるビジネスマンのかたにも人気の高いお店のようです。
たべよん、本日も美味しくいただきました。ごちそうさまです!

八條外観

『八條 ~中央町店~』はセントポルタ中央町商店街です。

 

1+
店舗名八條 〜中央町店〜
住所大分県大分市中央町2丁目5-24
営業時間11:30~23:00
定休日 無し
公式サイトhttp://hachijyo.co.jp/hachijyo.html
Twitterhttps://twitter.com/sushirobata
Facebookhttps://www.facebook.com/pages/%E5%AF%BF%E5%8F%B8%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%9F-%E5%85%AB%E6%A2%9D/137325823071190
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。