関あじ関さば館(白木/メニュー紹介)

海鮮丼アップ2

大分市白木の『関あじ関さば館』へランチに行きました。

大分市中心街から国道197号を佐賀関方面へひたすら進みます。

フェリー乗り場からいつの間にか国道217号になりますが、まだまだ進みます。途中金山交差点で佐賀関漁協の方へ左折する道があり、思わずそっちへ行きたくなりますが、直進です。

臼杵市を目指すつもりで進みましょう。

小島トンネルを抜けると右手に『関あじ関さば館』が見えてきます。

建物は1階が地元の物産品や加工品を販売するスペース。目的のレストランは2階にあります。

テラス席で食事したかったんですが、この日は小雨がパラつくあいにくの天気で、屋内の海の見えるカウンター席へ。

天気が良いと四国まで見えるとか。

関アジ関サバ館カウンター席

メニューはこちら。

関アジ関サバ館メニュー1

関アジ関サバ館メニュー2

今日は名物の「関の海鮮丼」と大分名物「りゅうきゅう丼」を注文です。

注文後すぐに胡麻いりこを持ってきてくれました。香ばしくて美味しい。箸が止まりません!

ごまいりこ

10分ほどで「りゅうきゅう丼」と「関の海鮮丼」が同時に到着。

りゅうきゅう丼 ¥1,000
りゅうきゅう丼 ¥1,000

胡麻と醤油に漬けたアジが敷き詰められた、りゅうきゅう丼。

小鉢にはナムルと梅肉で漬けたゴボウ、そして嬉しいことにクロメの味噌汁。

りゅうきゅうアップ

見た目の鮮やかさはありませんが、甘い醤油に漬け込んだ歯ごたえの残る新鮮なアジと、鼻にツンとくるワサビの組み合わせが絶品。ご飯かきこんじゃいます。

クロメ味噌汁

ネバネバヌルヌル、クロメの味噌汁も美味しい!

続いて「関の海鮮丼」です。

関の海鮮丼 ¥1,200
関の海鮮丼 ¥1,200

丼の周りにはみ出した刺し身。チャーシュー麺のようです。

フタを開けてみると・・

海鮮丼フタ開け

圧巻のボリュームです!そして

魚アップ

写真では伝わりませんが、お魚さん動いています。

それだけ新鮮、さばいたばかりの刺し身です。

新鮮なのはわかるんですが、動いてると少しテンション下がってしまいます。

刺し身は歯ごたえがあり1枚が大きく、魚を食べてる感が凄い!ただ少しばかりサイズが豪快過ぎるので、食べやすい大きさにカットをお願いすると良いかもしれません。

さしみアップ

佐賀関の海で採れた鯛やサザエ、タコなどはどれも新鮮で美味しいです。

まさに素材の味がダイレクトに味わえる逸品の海鮮丼です。

次回は天気の良い日にテラス席にて、これまた丼からはみ出てる天丼を食べようと決めました。

たべよん、本日も美味しくいただきました!ごちそうさまです。

せきあじせきさば館外観

3+
店舗名関あじ関さば館
住所大分県大分市白木949
営業時間月~金11:00~16:00  土・日11:00~21:00
定休日 不定休
公式サイトhttp://sekiajisekisabakan.com/
スポンサーリンク

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。